レンタカーで交通事故

レンタカーで交通事故を起こしてしまったら。
何かとても厄介な問題を抱えているような感じがします。
よくレンタカーを利用する人たちにアドバイスを提供しましょう。


実際にレンタカーで交通事故という事も大いにあり得る事です。
まず、何よりも意識しなければならない問題は、人命、負傷者の救護です。
必要であれば、応急処置、救急車の手配なども必要になって来ます。
そして、後から負傷が判明するというケースも多くあるので、精密検査を受けるようにしてください。
そして、次に警察に届けるという事です。
これは、被害者であろうが、警察に届ける事は義務です。
どんな事情があっても、当事者同士で、話をまとめるという事があってはなりません。


警察に連絡をして、警察の到着を待ち、警察の指示に従って下さい。
そして、保険を適用する場合には、警察の発行による事故証明が必要になって来ます。
実際にみなさんにいろいろ用事というものがあるかもしれませんが、残念ですがそのような事はキャンセルをして、事故に対して専念するようにしてください。


それが、単独事故でない場合、相手の名前、連絡先をしっかり控えるようにしてください。
運転免許証を提示して、身元をしっかり確認しあうモチベーションが大事です。
それは、どちらの落ち度であったとしてもです。
レンタカーで交通事故を起こした時、レンタカー会社と関わってくるのは、ここからです。
次には、その事についてお話しします。


≪Special Link≫
レンタカーで交通事故を起こした時などに弁護士に無料で相談出来るサイトです => 交通事故 弁護士